『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > シミに関する悩み > 対称性真皮メラノサイトーシスの特徴や原因などを解説!

対称性真皮メラノサイトーシスの特徴や原因などを解説!


肝斑などと間違いやすい後天性新真皮メラノサイトーシスとは?

あなたは女性ホルモンのバランスが崩れることなどによって、顔にできてしまう肝斑というシミとよく勘違いされると言わている後天性新真皮メラノサイトーシスという症状をご存知でしょうか?

今回はこの後天性新真皮メラノサイトーシスの原因や特徴、また治療法などについてまとめて解説したいと思います。

後天性新真皮メラノサイトーシスの原因や特徴

それではまずはじめにこの後天性新真皮メラノサイトーシスの原因とその特徴についてご紹介したいと思います。

後天性新真皮メラノサイトーシスとは先ほどもご紹介したように肝斑などのシミと同じように見える症状なのですが、よく見ると肝斑とは違って青みを帯びているという特徴を持っていたりしますし、そもそも発生のメカニズムも違うものなので、実際には肝斑とは全く別物になります。

ではこの後天性新真皮メラノサイトーシスができてしまう原因はどこにあるのかというと、実は現段階では原因はよくわかっていません。
なので、現状ではこの後天性新真皮メラノサイトーシスを起こさないように対策をすることは残念ながらほぼ不可能なのです。

後天性新真皮メラノサイトーシスの治療法について

それでは最後に実際にこの後天性新真皮メラノサイトーシスができてしまった時に有効だとされている治療法についてご紹介いたします。

この後天性新真皮メラノサイトーシスには実は唯一Qスイッチレーザーという美容レーザーを使った治療のみ効果があると言われています。
ですので、もし実際にこの後天性新真皮メラノサイトーシスが顔などにできてしまい、それを治したいと考えているのであればお近くの美容整形外科などに行ってQスイッチレーザーの治療を受けるしか方法がないということなのですね。

ただし、このQスイッチレーザーの治療で本当に綺麗に後天性新真皮メラノサイトーシスを直すためにはかなりの技術が必要だとも言われていますので、依頼するクリニックはしっかりと事前に調査しておくといいでしょう。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング