『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > シミに関する悩み > 手の甲のシミの原因やそのシミの治療法

手の甲のシミの原因やそのシミの治療法


手の甲のシミの原因や治療法をまとめて解説

手の甲にシミができてしまうと実年齢よりも老けて見えてしまうということで、特に女性の場合、気にしてる人が多いと言われています。
今回はそんな手の甲にできてしまうシミの原因や、また万が一できてしまった時の治療法などについて解説をしていきたいと思いますので、興味があればチェックしてみてください。

なぜ手の甲にシミができてしまうのか?

それではまずはじめに、なぜ手の甲にシミができてしまうのがその原因について詳しく解説をしていきたいと思います。

手の甲のシミの原因その1.太陽の光

手の甲にシミができてしまう原因の1つ目としてあるのは太陽の光です。

知っている方も多いと思いますが、太陽の光には紫外線というものが含まれており、その紫外線が肌に当たるとメラニン色素というシミの原因となるものが作られます。
若いうちはそのメラニン色素をしっかりと体から排出することができるのですが、年齢を重ねるごとに排出できなくなってきて、結果的にシミとして残ってしまうのです。

これは多くの方が当てはまる原因とも言われていますので、心当たりのある方は注意をしたほうがいいでしょう。

手の甲のシミの原因その2.ケガや火傷

手の甲にシミができてしまう2つ目の原因としてあるのはケガやヤケドです。

実は怪我や火傷を手の甲で起こしてしまうと、当然ですがその手の甲の皮膚に炎症が起きます。
そしてその炎症がシミとなって残ってしまうことがあるのです。

最初にご紹介した元違って、こちらの怪我や火傷というものはあまり起きる確率は高くありませんが、万が一、手の甲に怪我や火傷を負ってしまった時は将来シミを作らないためにも、しっかりと治療を行うようにするようにしましょう。

手の甲にシミができてしまった時の治療法は何がある?

それでは次に、万が一手の甲にシミができてしまった時にどのように治療していけばいいのかということを解説していきたいと思います。

手の甲のシミの治療法はいくつかありましてまず1つ目としてあるのは、ここ数年で一般的なってきたレーザーを使った治療です。
この治療はお近くにある美容整形外科などなどに行けば比較的簡単に受けられる治療で効果も非常に高くまた治るまでの期間も非常に短いので、なるべく早くシミを治したいという方には合っていると言えるでしょう。

また、手の甲のシミを治す治療法にはもう1つ選択肢があります。
それは塗り薬などを使った治療です。

具体的な塗り薬の名前を例としてあげるとハイドロキノンやトレチノインなどといった肌の色素沈着を改善させる効果のある塗り薬を使うのが一般的です。
こちらの薬を使った治療法は先ほどご紹介したレーザーの治療よりも比較的治療費が安く抑えられるメリットがありますが、治るまでに比較的長い期間が必要となるというデメリットがあります。

以上の2つが手の甲に出来てしまったシミに対する代表的な治療法となりますが、どちらがあっているのかというのはあなたの環境によって変わってきますので、すでにシミで悩んでる方は、一度皮膚科などの専門家のところに行って相談してみるといいでしょう!

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング