『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > シミに関する悩み > 摩擦黒皮症(ナイロンタオルによるシミ)の症状や改善方法

摩擦黒皮症(ナイロンタオルによるシミ)の症状や改善方法


ナイロンタオルなどによってできてしまうシミの摩擦黒皮症とは

あなたはナイロンタオルなどを使って繰り返し強い刺激を与えることによって起こってしまうと考えられている摩擦黒皮症という症状をご存知でしょうか?
今回はその摩擦黒皮症というものの具体的な症状や原因、また、改善方法などについてご紹介したいと思いますので、興味があれば目を通してみてください。

摩擦黒皮症が起きてしまう原因と実際の症状について

それではまず始めにこの摩擦黒皮症が起きてしまう原因と実際の摩擦黒皮症の症状について解説をしていきます。

摩擦黒皮症が起きてしまう原因 

摩擦黒皮症という症状は先ほども少し触れたように、ナイロンタオルなどを使って継続的に強い刺激を与えることが原因となると考えられています。

何故継続的に強い刺激を与えることがこの摩擦黒皮症起こしてしまうのかというと、実は人間の皮膚というものは、外部から強い刺激を受けると、メラニン色素というものを作り出すのですが、まさにそのメラニン色素というものがこの摩擦黒皮症を皮膚に起こしてしまう引き金となってしまうからです。

摩擦黒皮症の実際の症状

それでは次にこの摩擦黒皮症というものの実際の症状についてご紹介したいと思います。

摩擦黒皮症は一般的には、肌が褐色から黒褐色にぼんやりと変化してしまうという症状になります。

ちなみに先ほどご紹介したナイロンタオルを使っている人の場合は、特に強い刺激を与えてしまいがちな背中などにこの摩擦黒皮症が多く発生するのですが、背中をチェックする機会はほとんどないため、大抵の場合、これらの症状を見逃していることがほとんどなのだそうです。

摩擦黒皮症の治療法は何がある?

それでは最後にこの摩擦黒皮症に対する治療法について解説をします。

摩擦黒皮症に対する治療法その1.塗り薬

摩擦黒皮症に対する治療法の1つ目としてあるのは、美白効果のある塗り薬を使うという方法です。

具体的には肌の漂白剤とも呼ばれているハイドロキノンという塗り薬を使うことがほとんどだと言われています。
ただし効果が非常に強く、使い方を間違えると肌に大きなダメージを与えてしまう可能性があるので、使用の際には医師の指示をしっかりと守る必要があるでしょう。

摩擦黒皮症に対する治療法その2.レーザートーニング

摩擦黒皮症治すための治療法の2つ目はレーザーを使った治療法です。

具体的にはQスイッチヤグレーザーなどを使用することによって、摩擦黒皮症が起きている部分の色素元に戻していくという方法になります。
この方法も非常に効果があるのですが、治療費が塗り薬と比べると高くなってしまうデメリットがあります。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング