『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > シミに関する悩み > 案外悩む人が多い!?肝斑(かんぱん)の原因と治療法について

案外悩む人が多い!?肝斑(かんぱん)の原因と治療法について


顔にシミのようにできてしまう肝斑の原因と治療法について

あなたはテレビCMやTV番組等を通じて、認知度が高くなってきた肝斑というシミのようなものをご存知でしょうか?

ここ数年でこの肝斑という症状に悩む人が増えてきていると言わているのですが、今回はこの肝斑というものがなぜ顔にできてしまうのかというその原因とまた出来てしまった時の治療法についてまとめて解説をしていきたいと思います。

顔に肝斑ができてしまう代表的な2つの原因について

それではまずはじめに、顔に肝斑ができてしまう原因の中でも代表的なものを2つピックアップしてご紹介いたします。

肝斑の原因その1.女性ホルモンのバランスの乱れ

肝斑ができてしまう原因として、最も多いとも言われているのがこの女性ホルモンのバランスの乱れです。

女性の場合、妊娠をしてしまったり、また普段の生活の中で強いストレスを感じてしまったり、悪い生活習慣が続いてしまことで体内で分泌される女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことがあります。
そして女性ホルモンのバランスを見られてしまうことによって、実は肝斑が出来ると考えられているのです。

もちろん女性ホルモンのバランスが乱れたからといって100%肝斑ができてしまうというわけではありませんが、心当たりのある方はなるべく肝斑を顔に作らないためにもできるだけ早く対策をするように考えておくと良いでしょう。

肝斑の原因その2.外からの強い刺激

顔に肝斑ができてしまうもう1つの代表的な原因としてあるのは、外からの強い刺激です。

具体的に言うと、例えば普段肌のケアのためだといって強い力でマッサージをしてしまったり、化粧必要以上にたっぷりと塗っていたりすると、それが原因となって肝斑が起きてしまうと言われているのです。
こちらも最初にご紹介した件と同様に心当たりのある方は、なるべく早く改善をするように心がけるべきでしょう。

肝斑ができてしまった時の治療法は何があるのか?

それでは最後に、実際に顔に肝斑ができてしまった時の治療法についてご紹介したいと思います。

肝斑の治療法その1.専用の飲み薬の服用

肝斑の治療法の1つ目としてあるのは、肝斑に効果があると認められた専用の飲み薬を服用するという方法です。
薬の名前はトラネキサム酸が含まれているトランシーノIIというもので、これを大体2ヶ月ほど飲み続けることで非常に高い確率で肝斑を改善することができると言われているのです。

肝斑の治療法その2.レーザー治療

肝斑の治療法の2つ目としてあるのは美容外科クリニックなので受けることができるシミのレーザー治療です。

以前は肝斑にはレーザー治療はあまり効果的ではないと言われていたのですが、ここ数年で技術が発達してきたことにより、今では肝斑に対してもレーザー治療を行うことができるようになってきたのです。
このレーザー治療は費用は高額になりがちですが、非常に短期間で治すことができますので、なるべく早く治療したいと考えていることには合っていると言えるでしょう。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング