『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > シミに関する悩み > 海水浴によるシミ(光線性花弁状色素斑)の原因と治療法について

海水浴によるシミ(光線性花弁状色素斑)の原因と治療法について


海水浴によるシミ、光線性花弁状色素班の原因と治療法を解説

あなたは海水浴などによって出来ると言われているシミ、光線性花弁状色素班をご存知でしょうか?

今回はこの光線性花弁状色素本が実際に肌にできてしまう本当の原因や実際の治療法並みついて解説をしていきたいと思いますので興味があればチェックしてみてください。

光線性花弁状色素班の本当の原因

ではまずはじめにこの光線性花弁状色素班ができてしまう本当の原因について解説をしていきます。

最初にこの光線性花弁状色素班は海水浴などが理由で起こると先述しましたが、海水浴をするという行為そのものがこの症状を引き起こすのではありません。
本当は海水浴をする場所行き、長時間強い太陽光を浴びることこそが、この光線性花弁状色素班を引き起こす理由になるのです。

あなたもご存知の通り強い日光を長時間見ていると皮膚が日焼けつまり軽い炎症を起こすのですが、まさにその炎症がこの光線性花弁状色素班を引き起こす直接的な原因となるわけですね。

ですので、この光線性花弁状色素班をなるべく起こしたくないと考えている方は海水浴などの日光強くなってしまう場所に行く時はしっかりと日焼け止めを塗るなどの対策をしておくべきでしょう。

光線性花弁状色素班が起きてしまった時の治療法について

それでは次に実際にこの光線性花弁状色素班ができてしまった時の治療法について解説をしたいと思います。

この光線性花弁状色素班の基本的な治療はいわゆる一般的なシミ等と同じように美容外科クリニックなどで受けることができるレーザーを使った治療になります。
このレーザーを使った治療はこの光線性花弁状色素班という症状にはかなり効果を発揮すると言われていますので、なるべく早く治したいと考えてる方はレーザーを使った治療を検討してみてください。

ただし、レーザーを使った治療というものは受ける場所によっては高い費用になってしまう可能性もありますので、そこだけは注意する必要があるでしょう。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング