『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > シミに関する悩み > 老人性疣贅(ゆうぜい)の具体的な症状や治療法について解説

老人性疣贅(ゆうぜい)の具体的な症状や治療法について解説


年寄りイボと呼ばれる老人性疣贅(ゆうぜい)の症状や治療法について

今回は一般的に年寄りイボと呼ばれている老人性疣贅の具体的な症状や実際の治療法などについてご紹介していきます。

この老人性疣贅は案外悩んでいる人が多いと言われていますので、もしあなたが今この老人性疣贅という症状が顔などに起きていなかったとしても、万が一の時のためにぜひ一度学んでおいてもらえればと思います。

老人性疣贅の原因や具体的な症状について

それではまずはじめにこの老人性疣贅というものが体にできてしまう原因や、実際にできてしまった時に、具体的などのような症状が起きるのかということを解説していきます。

老人性疣贅の原因

老人性疣贅ができてしまう主な原因は、日光に含まれている紫外線や老化の2つにあると言われています。
特に普段の日常生活の中で日光の紫外線を浴びやすい顔はこの老人性疣贅は多く出来やすく、また若い人であっても日光の光を浴びすぎるとできてしまうとも言われています。

老人性疣贅の具体的な症状

それでは次にこの老人性疣贅が実際に絡んで来てしまった時の具体的な症状についてですが、先ほども少し触れたようにこの老人性疣贅はいわゆるイボと呼ばれているものと同じ症状になります。
ですので、症状の内容としては小さなザラザラとしたデキモノのようなものであると考れば大丈夫です。

ちなみにこのデキモノには、かゆみを感じたりすることもあるようです。

老人性疣贅の治療法について

それでは最後にこの老人性疣贅の治療法についてご紹介いたします。

老人性疣贅の治療法その1.電気焼灼

老人性疣贅を治療する方法の1つ目としてあるのは専用の器具を使った電気焼灼という方法です。
ただしこの治療法は数ミリ程度のものにしか使えないとされていますので、大きめの老人性疣贅の場合は手術などの治療法を選択することになります。

老人性疣贅の治療法その2.冷凍療法

老人性疣贅の2つ目の治療法としてあるのは冷凍療法と呼ばれるものです。
これはご存知の方もいると思いますが、言われる液体窒素というものすごく温度の低い液体を塗ることによって、その縫った部分を壊死させて取り除くという方法になります。

老人性疣贅の治療法その3.美容レーザー治療

老人性疣贅のもう一つの治療法としてあるのは美容整形外科などで受けることができるレーザーを使った治療です。
この美容レーザーの治療は非常に効果が高いというメリットがありますが、他の治療法と比べて費用が高めになってしまうというデメリットもあります。

以上の3つがこの老人性疣贅というものへの代表的な治療法となりますが、実際に治療を行う時には自分だけでどれがいいのかと判断せずに、必ず安全のためにも担当の医師の指示を聞くようにしていただきたいと思います。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング