『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > シミに関する悩み > 腕に出来るシミの原因と治療法をまとめてご紹介!

腕に出来るシミの原因と治療法をまとめてご紹介!


腕に出来てしまうシミの原因と治療法を解説

女性の場合、腕にシミができてしまうと、半袖のような腕が出てしまう服を着る時に気になってしまいますよね。
今回はそんな女性の悩みの種とも言える腕に出来てしまうシミの原因とその治療法についてご紹介したいと思います。

腕にできてしまうシミの原因とは

それではまず始めに腕にできてしまうシミの原因について解説をしてきたいと思います。

腕のシミの原因その1.紫外線

腕にシミができてしまう1つ目の原因として考えられるのは、太陽の光の中にある紫外線です。

ご存知の方も多いと思いますが、紫外線を大量に浴び続けてしまうと30代から40代以降になったときに、その紫外線によって色素沈着が発生し、結果的にそれがシミとなって腕や顔などに残ってしまうのです。

腕のシミの原因その2.肌の病気

腕にシミができてしまう原因の2つ目としてあるのは肌に起きてしまう病気です。

例えば脂漏性角化症などのような、肌の良性の腫瘍が出来てしまうと見た目としてはシミのように見えてしまうのです。
この原因によるシミも最初にご紹介した紫外線と同様に、30代以降になってから現れることが多いと言われていますが、中には20代の時からできてしまう人もいると言われてますので油断は禁物です。

ちなみにこの脂漏性角化症以外の光線性花弁状色素班などの病気も、腕にシミを作ってしまう原因となる病気だとされていますので、シミができてしまった時にはこういった病気も原因の1つとして考えておくべきでしょう。

以上の2つが腕に出来てしまうシミの主な原因となります。

腕にシミができてしまった時の治療法について

それでは最後に、実際に腕にシミができてしまった時の治療法についてご紹介したいと思います。
腕にできてしまったシミの治療法も原因と同様に複数ありますので、1つ1つ順番に解説していきます。

腕のシミの治療法その1.美容レーザー治療

腕にシミができてしまった時の治療法の1つ目としてあるのは、専用のレーザーを使った治療法です。
具体的な名前を例としてあげるとQスイッチYAGレーザーやQスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザーなどが主にシミの治療に使われます

こちらの治療は早く効果を得られますが、費用が高額になりがちです。

腕のシミの治療法その2.外用薬や内服薬

腕にシミができてしまった時の治療法の2つ目としてあるのは外用薬や内服薬を使ったいわゆる投薬療法です。
例えば、肌の漂白剤とも呼ばれているようなハイドロキノンなどの塗り薬だったり、一般的にシミに良いと言われているビタミンCの内服薬を服用したりすることでシミの改善を図るのです。

最初にご紹介したレーザーによる治療よりも経済的な負担は減りますので、あまり費用をかけることなくシミを改善したいと考えてる方はこちらの薬を使った治療法が合っているでしょう。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング