『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > シミに関する悩み > 顔のシミの原因や対策法を具体的に解説!

顔のシミの原因や対策法を具体的に解説!


顔のシミができてしまう原因やその対策法について解説

女性は顔には絶対出来て欲しくないものの1つにシミ、というものがありますが、なぜ顔にシミはできてしまうのかご存知ですか?
今回はその顔にシミができてしまう原因のか解説と今後顔にシミを作らないためにできる対策法について紹介したいと思います。

顔にシミができてしまう3つの大きな原因

それではまずはじめに、なぜ顔にシミができてしまうのかその原因の内最も代表的な3つのものをご紹介したいと思います。

原因その1.太陽からの紫外線

顔にしみができてしまう1つ目の原因としてあるのは太陽からの紫外線です。

なぜ太陽からの紫外線を浴びてしまうと顔にシミができてしまうのかというと、実は人間の肌というのは、紫外線を浴びるとその紫外線から体を守るためにメラニン色素を作り始めるのですが、そのメラニン色素が溜まりに溜まってしまうと結果的にシミとして肌に残ってしまうからなのです。

原因その2.女性ホルモンの乱れ

顔にシミができてしまう2つ目の原因は体内で分泌されている女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことにあります。

なぜ女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、顔にシミができてしまうのかというと女性の場合ホルモンバランスが乱れると、体の中で黄体ホルモンというホルモンが多く分泌されることがあります。
そして実はその黄体ホルモンが大量に分泌されてしまうとシミを作ってしまう働きをしてしまうため、結果的に顔にシミが出来てしまうのです。

原因その3.内臓の疾患

顔にシミができてしまう3つ目の原因としてあるのは、腸などの内臓の疾患です。

実は案外知られていないことなのですが、皮膚というものは内臓とダイレクトな関係を持っているため、内臓に何かしらのトラブルが起きてしまうと肌にも同じくシミの様にトラブルが起きてしまうことがあるのです。
ですので、ここまでご紹介してきた2つの原因に心当たりがない場合やどれだけ肌のケアをしてもシミが改善されない場合は、この内臓疾患が原因となっている可能性もありますので、気になる方は一度病院に行って診てもらうといいでしょう。

顔にシミを作らないための対策法

それでは最後に顔にシミを作らないために出来る対策法についてご紹介したいと思います。

とはいってもシミを作らないためにできる対策法は非常に簡単で、先ほどご紹介した原因で心当たりのあるものをそれぞれ対策すればいいだけなのです。
例えば顔に紫外線を当てすぎないように日頃から注意をして、日傘を使ったりしたり、また女性ホルモンが乱れないように普段の生活の中であまりストレスをためないようにしたり、健康的な生活習慣を心がけたりすればいいのですね。

もちろんこれだけで100%顔のシミを予防できるというわけではありませんが、出来るだけシミが出来る可能性を低くするためにも、ぜひ今後の日常生活の中にこれらの対策法を取り入れてみてもらいたいと思います。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング