『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > 基礎知識 > シミができやすい日常生活とはどういったものがあるのでしょうか?

シミができやすい日常生活とはどういったものがあるのでしょうか?


シミができやすい日常生活とは

睡眠不足

睡眠時間が少ないと健康的なお肌を維持するターンオーバーを乱すことになります。
紫外線によって作られてしまったメラニンを上手に排出できなくなります。
そのためにシミになるリスクが高まります。

不規則な睡眠や週末に寝だめをしてもお肌にはダメージがあります。
睡眠を取る場合には、量よりも質を重要視しましょう。

喫煙

喫煙をすると身体の中に活性酸素が作られますが、この活性酸素は本来、身体を守る働きをします。
しかし、これもほどよい量があり、あまりにも多くなるとシミができやすくなります。
煙草はビタミンCを大量に消費します。

血行不良になってしまうとダメージも大きいです。
ビタミンCはシミの原因になるメラニンの生成を抑制します。
血行はターンオーバーを正常化するために最低限の条件になります。
喫煙はシミの大きな原因になっているのです。

シミができやすい肌質とは、どんなお肌でしょうか?

乾燥肌

お肌のバリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れたりする原因として、お肌の乾燥があります。
バリア機能が弱くなると、紫外線の影響をまともに受けてしまいます。
シミがでやすい肌になるのです。

色が白いお肌

紫外線のダメージを受けやすいお肌は色白の人です。
もともとメラニンが少ないから、紫外線を浴びるとたくさんのメラニンが生成されます。
それがシミへと変化しやすくなります。

ターンオーバーが正常でも、メラニンが多すぎるとすぐに排出できません。
結果的にシミとして残ってしまいます。

シミができにくい生活習慣とは?

ストレスをためないようにしましょう。
それ以外に、メラニンを抑制するビタミンCを意識的に摂取するようにしましょう。
季節に関係なく日焼け止め・帽子・サングラスを使って、お肌へ降りそそぐ紫外線をブロックするといいです。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング