『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > 基礎知識 > シミのレーザー治療は、どのくらいの頻度・期間でするべきなのでしょうか?

シミのレーザー治療は、どのくらいの頻度・期間でするべきなのでしょうか?


シミのレーザー治療は、どのくらいの頻度・期間でするべきなのでしょうか?

一般的には1か月前後の頻度・期間が推奨されています。
レーザー治療をしているクリニックのWebサイトを見ると、早ければ2週間程度・遅ければ2か月から3か月などと幅があります。

シミのレーザー治療はレーザー治療の種類やドクターの判断によって違います。
1か月前後の頻度を推薦しているドクターが多いのは、お肌のターンオーバーが28日周期であることとリンクしているのでしょう。

シミができている部位によって違いますが、お肌は身体の内部で生成された細胞が角質細胞になるまで14日かかります。
そして、角質細胞が角片として剥がれるまで14日かかります。
新陳代謝にトータル28日程度かかるわけです。

では、どうしてその半分の日にちである2週間と推薦しているクリニックがあるのでしょうか?
それはレーザートーニングの照射方法の違いです。
低出力のレーザー照射を継続的にする場合は、照射の間隔を狭める必要があります。

シミのレーザー治療は高出力の照射ほど治療に間隔を空けなければなりません。
低出力の照射をする機器を使っている場合は治療の間隔を狭めるケースが多くなります。

シミのレーザー治療で照射したお肌は2週間で回復するのでしょうか?

お肌の負担のない頻度でするようにしましょう。
2週間程度の間隔でレーザー治療をすることは不可能ではありません。
けれども、もっと間隔を空けたほうが良い場合もあるのです。

大切なことはお肌の負担がない頻度かどうかです。
お肌のターンオーバーのスピードはお肌の質によっても違いますし、個人差があります。

レーザー照射をした後の肌の炎症が治らない間に次の照射を行うと、炎症沈着などのトラブルが発生してしまうリスクが高いです。
レーザー照射したあとの経過で不安があれば、次の照射のタイミングは検討することをお勧めします。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング