『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > 基礎知識 > 多血小板血漿治療(PRP治療)の特徴や効果について

多血小板血漿治療(PRP治療)の特徴や効果について


アンチエイジング治療法にはレーザーや光などを使用するものが広く知られていますが、最近では自身の体から抽出した細胞を利用する再生医療も注目されています。

ここでは若返り皮膚再生医療である多血小板血漿治療(PRP治療)の特徴や効果についてご紹介します。

多血小板血漿治療(PRP治療)の特徴について

多血小板血漿治療(PRP治療)とは自分自身の身体から採取した血液を使って行う再生医療で、血液から抽出した高濃度の血小板血漿を治療したい部位に直接注入することで若返りの効果が期待できるものです。

その方法は採血した血液を遠心分離機にかけて多血小板血漿(PRP)を取り出して注射器を使って注入します。

多血小板血漿(PRP)には様々な成長因子が含まれており、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促したり皮膚の修復を早めたりといったように皮膚の若返りを促すことが期待できます。

自分の血小板を使うことから拒絶反応や感染症、アレルギーなどの心配もなく安全な方法ですし、施術時間は30分ほどで手軽に治療を受けることが可能です。

その効果について

多血小板血漿(PRP)治療は主に額や眉間、目元、口元、首筋などのシワやたるみに効果的で、効果は約2週間ほど経過してからあらわれ、1~2年ほど持続するとされています(効果には個人差があります)。

皮膚を切ったり縫ったりすることはなく肌そのものを治療するため仕上がりも自然ですし、繰り返し注入することも可能です。

またコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すことから肌のハリや弾力がアップしたり、ターンオーバーを正常化させるため色素沈着や傷跡が薄くなる効果も期待できます

このように多血小板血漿治療(PRP治療)は副作用の心配もなく安全で仕上がりも自然な治療法ですので、メスを使ったりレーザーを照射するなどの治療法に抵抗がある人にもおすすめです。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング