『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > 基礎知識 > 日焼けの種類とシミとの関係性について

日焼けの種類とシミとの関係性について


日焼けは紫外線により引き起こされるものですが、日焼けをしたからといってそれが全てシミとなるわけではなく日焼けにも種類があります。

ここでは日焼けの種類とシミとの関係性についてご紹介します。

日焼けの種類について

日焼けには大きく分けて2種類あり、サンバーンとサンタンと呼ばれる症状があります。

サンバーンは皮膚が赤くなって水膨れや痛みを伴う日焼けでUVBという中波長の紫外線により起こります

本来なら皮膚を守る働きをするメラニンが紫外線により過剰に生成されることで細胞組織が傷つけられることが原因で、肌の色が白い人や肌の弱い人がなりやすいとされています

サンタンはUVAという波長の長い紫外線によって引き起こされる日焼けで、紫外線を浴びて1週間ほど経過すると皮膚が黒くなり表皮がめくれてくるという症状が出てきます。

サンタンはサンバーンよりは軽度の日焼けとされていますが人によっては痛みを伴う場合もあります。

日焼けとシミとの関係性について

サンバーンとサンタンという2つの日焼けのうちシミに大きく関係しているのがサンタンです。

サンタンは波長の長い紫外線であるUVAが原因で、紫外線が肌の奥深くまで届くことでメラノサイトでメラニンが生成されます

このときに肌のターンオーバーが乱れた状態だと過剰に生成されたメラニンが蓄積されてしまい、シミとなってしまうのです。

メラニンを溜め込まず排出するためにはターンオーバーを正常化する必要があり、ホルモンバランスを整えたりストレスをためないようにすることなど日々の生活習慣に注意する必要があります。

日焼けによってできたシミは熱を持った体を冷やすことや日焼け後の専用化粧水やクリームなどを使用することで、症状を軽くすることが期待できます

また水分を積極的に摂取するようにして体の外側だけでなく内側からも保湿することも大切です。

日焼けを全くしないようにするのはなかなか難しいため、日焼けと上手に付き合いながらシミを予防するようにしましょう。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング