『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > 基礎知識 > 紫外線を浴びることによって、どうしてシミができるのでしょうか?

紫外線を浴びることによって、どうしてシミができるのでしょうか?


紫外線を浴びることによって、どうしてシミができるのでしょうか?

紫外線からお肌の細胞を守るためにメラニンが生成されるからシミになります。
シミは0.1ミリから0.3ミリほどの厚さの表皮の中で発生します。
紫外線などの外部刺激によって身体を守ろうとしてメラニンが生成されます。

そのメラニンがターンオーバーで剥がれなくなってしまうと蓄積してしまいシミになります。

紫外線によってシミができるメカニズムとは?

表皮が紫外線を浴びるとメラにサイトに信号が送られてメラニン色素が生成されます。
メラニンは表皮細胞の中に留まって、紫外線から大切な肌細胞を守ろうとします。
表皮細胞は表皮の一番下の基底層から分裂して、約28日の日数をかけてしだいにお肌の表面に押し出されます。

このことがターンオーバーと呼ばれています。
ターンオーバーが正常に行われていると表皮細胞に留まっていたメラニンも排出されます。
夏場の日焼けを考えてください。
1か月もしたら元のお肌に戻りますよね。

この排出が滞るとメラニンはシミになってしまいます。
いろいろな原因でターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、メラニンの生成スピードが排出のスピードを上回ります。

するとたくさんのメラニンがお肌に溜まってしまいます。
ターンオーバーが間に合わなくなって残ってしまったメラニンがシミになるのです。

メラニンが増加する要素にはどういったものがあるの?

紫外線

夏だけでなく年中、外は紫外線が降りそそいでいます。
日焼け止めクリームや帽子など紫外線対策をしていないと、ターンオーバーで排出できないほどの量のメラニンが生成さます。
これが沈着するとシミになります。

ニキビ・炎症などのお肌トラブルやお肌への過剰な摩擦

お肌はデリケートにできていますから、炎症を起こすと色素沈着してしまいシミになります。

これ以外にも、女性ホルモン・ストレス・喫煙などで発生する活性酸素もシミの原因とされています。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング