『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > 基礎知識 > 美容レーザーで効果を得られるシミはどんな種類のシミ?

美容レーザーで効果を得られるシミはどんな種類のシミ?


美容レーザーで効果があるシミの種類とは?

ここ数年女性たちの間でシミをなくすための美容レーザー治療の人気が上昇して来ています。

しかし、実はその美容レーザー治療では効果があるシミの種類と効果がないシミの種類があるのをご存知でしたでしょうか。

今回はその中でもレーザー治療に効果があるシミの種類についてご紹介していきたいと思いますので、興味があればチェックしてみてください。

美容レーザーで効果を得られるシミの種類を解説

それでは早速これから美容レーザーの治療が効果を発揮するシミの種類の中でも代表的なものピックアップしてそれそれ解説をしていきたいと思います。

効果を得られるシミその1.老人性色素班

美容レーザーの治療の効果が得られるシミの1つ目としてあるのは老人性色素班と呼ばれるシミです。
この老人性色素班というのはどんなシミなのかというと長い間、皮膚が紫外線にさらされたことによって起きてしまうシミのことで、だいたい30代から40代頃から出来てしまうと言われています。

ちなみにこの老人性色素班というシミは、色々なシミの中でもかなり美容レーザー治療の効果を得やすいシミになります。

効果を得られるシミその2.そばかす

美容レーザーの効果を得やすいと言われているシミの2つ目はいわゆるそばかすです。
そばかすは雀卵班とも呼ばれていて、顔なに出来てしまうのは主に遺伝が原因だとされています。

ちなみにこのそばかすも先ほどご紹介した老人性色素班と同じく美容レーザーの効果が比較的得やすいと言われているシミになります。

効果を得られるシミその3.肝斑

美容レーザーの効果を得やすいシミの3つ目は、CMなどで急速に認知度が広まってきた肝斑という種類のシミです。

この肝斑は30代から40代に発症することが多いと言われていて、主に女性ホルモンのバランスが乱れることがその発症の原因とされています。

ちなみにこの肝斑というシミもここまでご紹介してきた2つのシミと同様に、美容レーザーの効果は比較的安いといわれていますが、肝斑の場合はそばかすなどに使うものとは違う、特殊なレーザーを使わないと効果が出にくいと言われています。
ですので、肝斑の治療を行いたいと考えてるのであれば、肝斑の治療に対応できるレーザーがあるクリニックを探す必要があるでしょう。

以上の3つが美容レーザーの効果を比較的得やすいとされているシミの代表的な種類となります。

もちろんこの3つ以外のシミにも美容レーザーの効果が得られることがありますので、シミの治療を行いたいと考えている方はまずは治療を行えるかどうか実際にクリニックなどに行ってカウンセリングなどを受けてみるといいでしょう。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング