『シミ治療』が可能な大阪の美容皮膚科口コミ > 基礎知識 > 韓国のシミに対する美容外科の技術とは、日本とどこが違うのでしょうか?

韓国のシミに対する美容外科の技術とは、日本とどこが違うのでしょうか?


韓国のシミに対する美容外科の技術とは、日本とどこが違うのでしょうか?

ダウンタイムがとっても短いので旅行気分で施術できますし、料金も安いです。
韓国への美容観光は人気になっています。
気に入った病院を見つけて、韓国に旅行へ行ってお肌をケアする女性は多いです。

日本でシミケアするよりも費用も安いですし、何よりも美容大国ですから世界的にレベルも高い。

韓国の皮膚科は美容を目指す日本の観光客で溢れています!

主にシミを消すレーザーの施術です。
それ以外にホクロ除去・そばかす除去をするレーザー治療があります。
基本的には外科的な手術ではありません。

ダウンタイムがあっても治療のためにずっと韓国に長く滞在する施術はほとんどありません。
治療後に赤みがでたり、お風呂が数日駄目だったりします。
飲酒は駄目なダウンタイムがあります。

韓国美容外科の技術とは?

IPL&レーザートーニング

シミの効果的なレーザーと言えば、IPLレーザーです。
韓国では定番になっています。

レーザートーニングによって、お肌のくすみやそばかすを改善できます。
すぐに化粧ができて気軽にできるビギナー向けのレーザーです。

韓国女子の間でも高評価を得ています。
痛みもほとんどありません。
ダウンタイムに関しては、数日赤みが残る場合もあります。
術後の症状として、数日後にかさぶたができて、かさぶたが落ちるまでは1週間から2週間ほどかかる場合があります。

ほくろ除去レーザー

ほくろ除去レーザーは、皮膚の下に埋まっているほくろを根元から除去してゆきます。
根が深いほくろの場合は2週間から3週間かさぶたが落ちない場合があります。

ほくろは再発率が高いです。
除去して半年から1年経過して同じ場所に、薄くほくろがでてくることもあります。
ダウンタイムは、ほくろのサイズや根の深さによって違いますが1週間から3週間ほどでかさぶたになり赤みも消えます。

基礎知識

PAGETOP
徹底比較ランキング